OUR WINE 商品情報

*ドイツ

ファルツ

2018年セレクション誌、ピノ・ノワール生産者No.1を獲得「シュテファン マイヤー」

フォルスタッフ誌も絶賛するドイツの若き醸造家が迸る情熱をもって躍動する新進気鋭ワイナリー。

LIST OF WINES 取扱ワイン一覧

【白ワイン】
<ESTATE WINE> シャルドネ ヴァイサーブルグンダー トロッケン
<AUS RHODT> シャルドネ トロッケン

【赤ワイン】
<ESTATE WINE> シュペートブルグンダー トロッケン
<Single Vineyard> ピノ・ノワール ロター ローゼンガルテン

LIST OF WINES

WINERY HISTORY ワイナリーの歴史

ドイツのワイン造りは近年急速に変化していると言われる。その中で注目されている若手の造り手、シュテファン・マイヤー。マイヤー家は1700年代にはロトの地でブドウ栽培を行っていた。1954年にシュテファンの祖父であるカール・ヘルマンがワイナリーを設立し、2011年にシュテファンが後を継いだ。シュテファンはニューワールドやオーストリアでワイン造りを学び、伝統を尊重しつつ必要な改革を行い、栽培から醸造までを行っています。美しいリースリングや、非常に巧みなバリックを使用したシャルドネ、ピノ・ノワールのワインを生み出しています。また近年では、シラーやカベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランといった品種も少量ながら栽培しており、新しい試みにも挑戦しています。

Weingut Stefan Meyer (ワイナリーHP)

POINT おすすめ
ポイント

  • 畑は16あり、森から平ら土地まで2キロに渡って広がっている。その為、ブドウが植えられている場所によってかなり土壌や気候が異なり、とても複雑で個性的なワインが造られている。シュテファンは2019年から本格的にオーガニック栽培を始め、2021年ヴィンテージより認証付きワインがリリースされる。ワイナリーでは4つのカテゴリーのワインを造っており、軽く気軽に飲める「1LITER」、ロト村の周辺の畑で栽培されているブドウを使用した「ESTATE WINE(= 3/4 LITER)」、ロトの村の畑のブドウを使用する「AUS ROHDT」, そして単一畑の「SINGLE VINYARD」があります。
  • 収穫や選果は手作業で行い、畑では化学肥料を使用せず、畝と畝の間は草で覆っている。シュテファンの哲学はブドウ栽培においても、ワインの醸造においても、本当に必要な事以外は手を加えないという事。化学肥料や人工的な酵母を使用せず、なるべく自然の物を使うようにしている。手掛けるワインがミクロクリマと土壌を忠実に表していることは重要であると考え、その為に畑でも長い時間をかけてブドウ栽培を行っている。特に単一畑のブドウはより選別も行い、高品質なブドウのみを収穫しています。500Lのステンレスタンク、またはオーク大樽を使用して白ワインは醸造しています。赤ワインは同様にオーク大樽や、バリックを使用しています。
  • 2018年セレクション(selection)誌では「2018 Pinot winery of the year」を獲得、他にも2018年のフォルスタッフ(Fallstaff)誌、2018年ゴー・ミヨ(Gault Millau)誌、2018年ヴィノム(Vinum)誌、2017年アイヘルマン(Eichelmann)誌においても紹介されるなど、現在注目のシュテファン・マイヤー。ジャーナリズムからの評価も高く、様々なワインが高いパーカーポイントを獲得しています。

商品情報一覧に戻る