OUR WINE 商品情報

*ドイツ

ファルツ

1958年設立の拡大を続けるワイン共同生産組合「リートブルグ」

現在では、ファルツだけではなくモーゼルやナーエ、ラインヘッセンなどの地域でもブドウ栽培、ワイン造り行っています。

LIST OF WINES 取扱ワイン一覧

【白ワイン】
クリエーション リースリング トロッケン

【赤ワイン】
クリエーション シュペートブルグンダー トロッケン

LIST OF WINES

WINERY HISTORY ワイナリーの歴史

プファルツの中心部にあるリートブルク城の遺跡の下には、1200年以上の歴史を持つロトウンターリートブルクのワイン生産コミュニティがあります。
城の看板の下で、1958年に厳しい経済状況の下で先見の明のある勇敢な男性がここに集まり、リートブルクワイン協同組合を設立しました。今日まで、コミュニティの目的は、競争の激化に立ち向かうために力を合わせることです。小さなリートブルクワイン協同組合はすぐに強力で重要な地域のワイン協同組合に発展しました。
現在、協同組合には約300ヘクタールのブドウ園を耕作する、約300のワイン醸造家がいます。

Rietburg Weingenossenschaft eG (ワイナリーHP)

POINT おすすめ
ポイント

  • 特に気候条件が良好で、歴史的な城や要塞が特徴の故郷でブドウ栽培に理想的な条件を見つけています。白ワインと赤ワイン、特にドルンフェルダーのワインは、ここで特別な方法で繁栄します。毎年約1800時間の日照は、プファルツがドイツ全土で最も温暖な気候の1つであるという事実に貢献しています。
  • 土壌は赤い砂岩、石灰質ロームと粘土質土壌、泥灰土とクップの土壌、貝殻の石灰岩土壌、花崗岩、斑岩、スレートです。ブドウ品種はリースリング、ミュラートゥルガウ、ドルンフェルダー、ポルトギーザー、ケルナー、シルヴァーナー、ブルゴーニュの品種を栽培しています。
  • リートブルグにとって、持続可能性は日常生活の一部であり、新しいトピックを何度も何度も改善し、対処することを目的とした、さらなる発展の絶え間ないプロセスです。私たちは持続可能性を5つの主要な領域に細分します。
    ➀自然と環境保護 ②やる気のある従業員 ③社会的責任 ④メンバーの責任 ⑤顧客とサプライヤーの満足度
    ワイン協同組合として、私たちは自然と暮らし、共に働いています。それが私たちの仕事の基本です。持続可能性の観点から、将来の世代のためにもこの基盤を維持することが重要です。

商品情報一覧に戻る