OUR WINE 商品情報

*イタリア

ピエモンテ

エリオ・アルターレの直弟子「レヴェッロ」

師匠であるエリオ・アルターレの手助けもあり、レヴェッロは大きな発展をとげ、偉大なバローロの造り手として今日に至っています。

LIST OF WINES 取扱ワイン一覧

【赤ワイン】
ドルチェット ダルバ
バルベラ ダルバ
バローロ 1/2
バローロ
リンシエメ

LIST OF WINES

WINERY HISTORY ワイナリーの歴史

1945年、第二次世界大戦直後、ジョヴァンニ・レヴェッロ、カテリーナ・テッツォとその子供たち、エルコール、マリア、ジャコモ・レヴェッロで構成されるレヴェッロ家は、チェラスコからラ・モラの集落であるラヌンツィアータに移りました。ラ・モッラのサンマルタン・マルティーノ教区が所有する農家を借りてブドウ作りを始めました。翌年、息子のエルコレとジャコモの助けをかりて、ジョヴァンニはブドウ畑の一部を植え替えを実施。1967年にファーストリリースとなるバローロを造りました。1990年にワイン造りの勉強、経験を得た後, ロレンツォとカルロの兄弟は、家族経営のレストランでワイン造りのビジネスを横たえて、ワイナリーを引き継ぐことにしました。

POINT おすすめ
ポイント

  • 何年もの間、持続可能なブドウ栽培を実践し、主に硫黄と銅ベースの製品を使用して極少量のみを使用、農薬や除草剤の使用をしないブドウ栽培をしています。
  • 夏には2回の選定を行い、約50〜60%の束をブドウに残します。これにより、ブドウの中に糖とポリフェノールの濃度を高くすることができ、より高品質なワインをつくれるようになります。
  • 天然酵母のみを使用、約28〜30°Cの一定温度で温度制御された発酵槽の浸熱を伴う、モダン的な製法で使っています。アルコール発酵は、スキンや種子を除去した後、ステンレス鋼の垂直タンクで行います。マロラクティック発酵は、熟成を重ねるワインのために、オーク樽で行われます。主にフランスのオークの小樽を使用してワインを熟成させ、新樽を使用しています。

商品情報一覧に戻る