OUR WINE 商品情報

*イタリア

ピエモンテ

ラ・モッラを本拠地にして優良なバローロを造る「コリーノ」

現在、ラ・モッラ地区に9ヘクタールのブドウ畑を持ち、年間約50,000本の生産量を誇っています。樹齢30~50年の「アルボリーナ」「ジャッキーニ」「ヴィーニャ・ポッツォ」などの素晴らしい畑を所有しています。

LIST OF WINES 取扱ワイン一覧

【赤ワイン】
・ドルチェット ダルバ
・バルベラ ダルバ
・ランゲ ネッビオーロ
・バローロ デル コムーネ ディ ラ モッラ
・バローロ ヴィーニャ ジャッキーニ
・バローロ ブリッコ マネスコット
・リンシエメ (ランゲ ロッソ)

LIST OF WINES

WINERY HISTORY ワイナリーの歴史

1952年、セレステ・コリーノは妻と子供たちと共にラ・モッラに移り住み、ブドウや果樹を栽培する地域の農場でシェアクロッパーとして働きました。セレステの息子ジョヴァンニは、後に現在のワイナリーの当主ジュリアーノの父親になるが、父親の足跡をたどって育ち、最終的にコリーノ・アジエンダ・アグリコラを設立し、ブドウ畑に焦点を当て、生産されたブドウのほとんどはワイン造りではなく、販売のためのものでした。1980年代半ば、まだ非常に若いジュリアーノが同族会社で働き始めたとき、最初のバローロが瓶詰めされました。1987年、同社はワイン製造プロセスにおいて革新的な道をすすみ、優れた品質を達成するために、もともと所有していた畑のアペラシオンを維持しながら、彼らはフランスのオークのバリックを使用し、温度制御された発酵と熟成で革新しました。
2006年に兄弟でワイナリーを分割して、弟のジュリアーノが、元々のジョヴァンニ・コリーノを引き継いでいます。

POINT おすすめ
ポイント

  • コリーノの哲学として、ブドウ本来の味わいを維持し、私たちを取り巻く自然を尊重しながら、高品質のワインを得るためにブドウ園での仕事のための細心の注意を払っています。このため、薬品を使用しないためにも、主に銅と硫黄ベースの製品を使用し、農薬を避け、土地、環境、消費者の健康、そしてブドウ園で働くすべての人の土地、環境、健康を尊重。天然肥料のみを使用しています。
  • 収量に関しても、慎重に束を選択するように、夏の間に2回剪定することによって、ブドウの収量を減らします。残りのブドウは完璧な熟度とバランスと結果的に優れた品質になります。ブドウ畑での作業のほとんどを手作業で行い、ブドウを収穫する際にもさらなる厳選したブドウのみを収穫しています。
  • 木材の熟成は、小さなフレンチオーク樽を使用して行われます。ワインをフィルタリングしたり濾過をせず、自然にブドウの本質に従って熟成されています。瓶詰めると、硫酸塩のレベルは通常、イタリアの法的要件が許すものよりも50%低くなります。基本的なワインからバローロ・リゼルヴァまで、同じ注意と注意を払ってすべてのワインを生産しています。

商品情報一覧に戻る