OUR WINE 商品情報

*ドイツ

バーデン

バーデンの老舗生産者組合「バーデン・バーデナー」

1922年以来マウアーベルクにある製造協同組合。

LIST OF WINES 取扱ワイン一覧

【赤ワイン】
アッフェンターラー シュペートブルグンダー Q.b.A ロートワイン

LIST OF WINES

WINERY HISTORY ワイナリーの歴史

1922年に58人の勇気あるワイン生産者達が主導して、ノイヴァイアーワイン製造協同組合を設立しました。同じ生産者達からも激しい抵抗もありましたが、勇気ある人々は、高品質なワインを造ることを目的に集合していました。ワインのブドウ品種の拡大と、ワインを場所ごと、畑ごとにプレスするという決定が、成功へと導きました。このようにして、バーデンにおけるトップテロワールをもつ畑から独特の特徴を持つワインを生産することができました。かつてワイン生産者の協同組合であるノイヴァイアーとして始まり、今日は成功を収めているバーデン・バーデナー・ワインハウス・アム・マウアーバーグであり、最近、アフェンタラー・ウィンザーeGと合併し、さらに拡大をしています。

Baden-Badener-Winzergenossenschaft (ワイナリーHP)

POINT おすすめ
ポイント

  • ノイヴァイアー、スタインバッハ、ウムウェグ、ヴァルンハルトの4つのバーデンバーデンレブランドコミュニティのワイン生産者は、高いレベルの環境意識を持ってブドウ園を栽培しています。リースリング、ピノ・ブラン、ピノ・グリ、高貴なピノ・ノワールだけでなく、シャルドネなどの国際的なブドウ品種もここで育成し、高品質なワインやスパークリングワインが造られています。
  • ドイツ最南端の耕作地であるバーデンは、日光に恵まれ、南北方向に400キロメートルの長さにわたって広がっています。ローマ人はすでに2000年前にバーデンでワインを栽培していました。バーデンバーデナーのブドウ園は、1245年にブルゴーニュのボーヌ近くの祖先の故郷であるシトーからリクテンタール修道院のシトー修道院が持ってきた赤いブルゴーニュブドウ(= ピノ・ノワール)に恵まれて、高品質なワインを造っていました。
  • 「アッフェンタラー」はワイナリーの名物です。ピノノワールのブドウは、日当たりの良い南斜面の目的地に向かって熟します。伝統によれば、シトー会の女性がかつて巡礼礼拝堂の周りにブドウ園を配置した、非常に特別な土壌。多くの巡礼者が「アヴェマリア」を祈ってこの礼拝堂を訪れました。これに基づいて、礼拝堂の鐘が聞こえる谷は「アベニューバレー」と呼ばれました。何世紀にもわたって、現在の名前「Affental」はそこから借用されています。

商品情報一覧に戻る